Web制作

 CSS

  

CSSとは何か?



CSS(Sascading Style Sheet)は、Webの見た目を制御するためのもので、単にスタイルシートとも呼ばれたりする。 HTMLと共に使用し、HTMLの要素ごとに、サイズなどを指定する。このページのデザインにも使われている。



CSSの書き方



CSSの基本的な書き方は、セレクタによって対象となるHTML要素を選び、プロパティ(CSSプロパティ)と値を記述し、スタイルを設定するというものである。セレクタと{}で囲まれた部分をルールセットと呼ぶ。以下に文章の対応図(図-1)及び例を示す。



CSSを記述する方法



◆ <link>を用いた外部CSSファイルで指定する方法
<link> タグにより、外部CSSファイルを読み込むことができます。外部CSSファイルを用いることで、複数の HTML文書で共通のCSSを共有することができます。 外部CSSファイル(例:style.css)には、次のように記述しておきます。ファイル名は何でもよいですが、拡張子は通常 .css です。 ◆ @importを用いた外部CSSファイルで指定する方法
下記の様に @import を用いて外部CSSファイルを読み込むことも可能です。 CSS2 では下記のような記法もサポートされました。





友だち追加


 中の人のTwitter



 公式サイトのTwitter




広告